SEOはグーグルが目指す方向性を考えることが重要

ホームページやブログなどをできるだけ多くの方に閲覧してもらいたいと思った場合、SEOという言葉を初めて知ると思います。SEOとは検索エンジン最適化のことを言い、グーグルなどで検索されたときに上位表示されるようにするテクニックのことです。一言にSEOといっても種類は100以上あるのですが、一般的には被リンク対策と内部リンク対策に分かれます。「じゃあたくさんのサイトに相互リンクを依頼しちゃえばいいじゃん」と思われるかもしれませんが、よっぽど内容が充実しているサイトか相手のサイトと同等のサイトの強さ(ドメインの強さ)がないと大抵拒否されます。「じゃあサテライトサイトをいっぱい作ってリンクしちゃおう!」という選択肢を選ぶ方がいますが、ちょっと待って下さい!自作自演でたくさんのサイトやブログからリンクを送ろうとしている方がたくさんいます。被リンク対策は当然いまだに有効なSEO手法なのですが、ちょっと勘違いして理解している方が多いと思います。「サテライトサイトだから外注にでも書かせて内容はそんなに濃くなくても人に読ませるコンテンツじゃないからいいや」と解釈している人がほとんどなのですが、それは大きな間違い(落とし穴)です。たしかに一時的には効果があるのですが、そこで効果があったと喜んで勘違いして、やがて圏外に飛ばされて落ち込みます。SEOの本質、グーグルが目指す検索エンジンの方向性を俯瞰して考えるようにしましょう。

効果のあるSEO対策

SEO対策として文章を作る人が行うべき事

SEO対策として、インターネットを閲覧している人に印象の良い文章を作ることが大切です。文章は人なりという言葉がありますが、人間が書いた文章をインターネットに掲載する場合は、相手の心に届くような文章であれば当然ながら閲覧者の目に引くので、自分が書いた文章は自然的にサーチエンジンにおいて上位の方に掲載されます。インターネットでは相手の顔を通じての交流はないが、SEOを通じて濃い交流を育むことは可能です。しかし、SEOで自分のブログがトップの方にあったとしても、すぐにブログの管理者に会えるという性質はないです。それでも、サーチエンジンが上位の方にあって、多くの人が閲覧してくれるのですから、ブログを多く読んでくださっているのです。しかし、閲覧者に対してブログの内容に印象を持たなかったら、自然にサーチエンジンの下位に行ってしまうので、ブログの更新を怠らないことは当たり前であるが、ネットでリアルにお互いに信頼を育むSEO対策を行っていきます。

検索エンジン最適化・SEO対策と被リンクの関係について