実際に会話をする機会ないのを補うための英語の勉強

たまに古本で、過去のラジオ講座のテキストを買って読みます。英語の勉強のためですが、これは放送を聴きながら勉強するのが1番です。

最近はまっているのが『英会話タイムトライアル』のテキストを読むことです。日常で使うフレーズが満載の講座なので、普段の放送も土曜の1週間分のまとめ放送で聴いています。リアルタイムで放送されている講座のテキストは持っていないので、音だけを頼りに問題の答えを考えています。時間以内に答えられることはめったになく、実際の英会話への道がまだまだ遠いということも実感します(泣)。

放送を聴く以外では、過去の放送分のテキストを読みながら問題に答えたり、フレーズを覚えたりします。こういうときにこの単語を使うのかとか、毎回新しいことを覚えられるから楽しい・・と言いたいところですが、これからどれくらい覚えないといけないのだろうかと、気が遠くなっています。

単語そのものは中学で習ったものがほとんどで、それらの単語の使い方がわかってなかったということです。学校では全然教えてくれなかったですし・・、忘れてしまっただけかもしれませんけど。

基本をおさえたらあとは実行、それは外国語の習得にも言えることだと思います。けれど実行する機会がないので(近くに外国の人はいないし)、こうして講座で補っているつもりです。そのためにこの『英会話タイムトライアル』は使えます。長い英文を読む必要はなく、英語のレベルは高くないのでとっつきやすいと思います。