英語の勉強のためにゆるいノート作り

最近、英語の勉強のために始めたことは、毎日とにかく英語を手書きで記入することです。

1行日記、覚えた単語、気にいったフレーズなど、とにかく英語であればなんでもOK,というノートです。

最初はもっとちゃんとした勉強のための学習ノートを作ろうと思っていました。ちゃんとした文章を書くためのノート、大事な文法事項とかもしっかり書き込み・・、学生時代みたいなノートを作りたかったです。

それが全然うまくいきません。”ちゃんと書く””間違いがないように書く”というのが、自分にプレッシャーをかけてしまっていたようです。上達するための勉強なのだから間違ってもいいはずなのですが、間違える自分にイライラしてしまい、こんなこともできないのかと情けなくなり、けっきょくやめてしまうということを繰り返していました。

決まりを作らず、とにかく何か英語を記入しようというゆるいルールでやっています。毎日・・とはいきませんが今までで1番続いています。そのことだけでもよしとしないと・・今のところは。

いずれはきちんとした英語を使えるようにしたいです。そのための準備中ということにします。諦めてしまうよりも、ゆるくても毎日英語に接しているほうがいいと思うからです。

こういう作業がTOEIC英検につながるかというと、たぶんつながらないかな・・と思います。試験を目指すのならはらをくくらないとできません。今の私にそれができるのか・・、一度は受けてみたいと思っていますが(もし受けるのならTOEICよりも英検かなと思っています)。