英語学習(リスニング)は継続が大事

英語の勉強というと、読む・書く・聞く・話すと4つに分けられるが、「聞く」ということに関しては毎日英語を聞かないと身に付かないと思う。

しかし、この毎日が曲者で平日は通勤・通学の時間に電車やバスの中でイヤホンを耳にNHKのラジオやリスニングのデータ、好きな洋楽、映画の音声等聞く習慣をつけるのは、それほど難しいことではない。

ただ、休日になるとどうだろうか。平日頑張ったからこそ、家で一日過ごしたり、寝てばかりいたり、意外と忙しかったり、人それぞれだろうが、なかなか英語を聞くことに時間をとることができない。

そして、休日明けに2日ぶりにまた電車やバスの中で英語を聞くと、「あれ?あんまり聞き取れない。よくわからない。やっぱり英語は難しい。向いてない。やめようかな。」なんてことになる。実際私もそうなったことがある。そして一度学習をやめたこともある。1度やめると、始めるまでがまた大変になるので、これから始める人には是非、休日の過ごし方も計画してから始めた方が良いと思う。

ちなみに私は休日に絶対行う洗濯物を干す際に英語を聞くようにした。休日だからしっかり机に向かって、英語を聞きながら単語を書こう(ディクテーション)とか、ラジオでわからなかったところをもう一度聞いてまとめようとか思うとなかなかやる気が起きなかったり、怠けてしまったりする。それもそのはず、休日はできるだけ休んでいたいものだ。だから、平日と同じく、ながら作業で良いので、とりあえず耳だけ英語に向けておこうと軽く考えるようにしたら続くようになった。英語学習と構えず、日常生活に少しずつ導入していくのが、継続への近道だと思う。